オンライン授業体験2020/09/18

 佐賀大学のオンライン授業を体験した。
 13:00~16:00の約3時間。途中2回の休憩。
 開会 生涯学習センター紹介 
 第1科目 「歴史文化(近世日本の異文化接触)」     学生と教授の共同作業の成果の報告     質疑応答
 休憩 「座ってできる体操1」
 第2科目 「情報科学の世界(マイナンバーカードのしくみ)」     質疑応答
 休憩 「座ってできる体操2」
 第3科目 「基本統計学(ニュースを使って考え方を学ぶ)}     質疑応答
 PP作成の資料は、画像が鮮明で、教授の声もはっきりしていて、{まるで自宅が講義室」(チラシ)のようであった。
 今日の公開講座へのアンケートには、好感を持った気持ちを伝える内容を伝えた。
 いい体験であった。

台風10号(ハイシェン・HAISHEN)2020/09/05

 台風10号(ハイシェン・HAISHEN)が、九州に接近している。 進路予想図の中心線は、我が町のすぐ近くを通っている。  
 そのため、明日6日から7日にかけて、暴風域にすっぽり入る。  
 瞬間最大風速が80mを超えるという。 その大きさは実感できないが、映像を見ると、雨傘が窓を突き刺す。木材が簡単に壁を突き破る。  
 「備えあれば憂いなし」とはよく言ったものだ。  
 我が家には、大きな一枚のガラス窓があり、台風のたびにそのガラスがたわむのを知っているので、今は、とても心配している。  
 1990年の台風19号では、床上浸水の被害がひどかった。  
 それから30年。 同じような被害にあわなければ幸いだ。 台風は、水害を伴う場合が多い。 台風に弱い我が家である。   
 連れ合いの実家も、心配である。

75回目の8月15日2020/08/17

 今年の8月15日は、新型コロナの影響もあって、例年とは違った一日であったようだ。
 我が家では、15-16日、長女家族(総勢4人)が来てくれていたので、昨年とあまり変わりはなかった。
 8月15日前後のマスメディアの報道は、先の戦争を賛美はしないものの、現在の状況を、その戦争の内実と重ね合わせたものがどれほどあったであろうか?
 全国戦没者追悼式における安倍総理の主催者としてのあいさつに、持論である「積極的平和主義」を打ち出し、天皇の「反省」とは裏腹に、本気になって平和憲法の下での世界平和構築とは真逆の内容であった。
 「戦争」はなぜ生まれ、多くの生命、財産、資源を破壊して行くのか?
 我が国が、明治以降関与した大きな戦争は、日清・日露、第一次・第二次世界大戦であるが、第二次世界大戦では日本人のおよそ310万人が亡くなった。
 私は、1942年3月生まれで、戦争の記憶はほとんどない。ただ、戦争の爪痕の記憶は、脳裏に焼き付いているものである。
 私が小学校に行く頃には、近所には大きな水たまりの池が点在していた。爆弾が落ちた場所と聞いていた。
 我が家の裏の畑にも、小さな防空壕があったように記憶している。その前で、私が母親に抱っこされた写真が残っている。
 確かに、戦争の記憶は、薄れていく。
 ポツダム宣言から、8月15日降伏に至る経過、昭和天皇と沖縄戦、現憲法制定の経過、東京裁判、戦犯の公職追放、冷戦、朝鮮戦争。。。1945年から2020年まで75年が経過した。
 今でも、75年前前後の戦争にかかわる記録が見出されては、マスメディアに取り上げられる。
 戦争を表立っては賛美しないが、戦死を「美」として崇める人々がいるのも確かである。
 権力を持つものが、正しい時代はこれからも続いていくのだろうか?

核兵器禁止条約の署名と批准を!2020/08/09

 原爆が広島・長崎の上空で炸裂し、地獄が生まれて今年で75年になる。
 コロナ化で、その規模は縮小されたものの、原爆投下の日に、両市において、平和祈念式典が開催された。
 両市長は、日本政府に対して、早期の「核兵器禁止条約の署名と批准」を要請したが、安倍首相は、この核兵器禁止条約には全く触れず、核兵器廃絶に向けて、世界をリードしていくと述べるにとどまる。
 安倍首相は、被爆国日本のみが世界に発信できる核兵器廃絶についての本気度などかけらもない。
 このような現実政治を直視し、一刻も早い核兵器のない世界を作り上げていく努力をしていくことが、大切だ。

 今日は、ソフトバンクは、楽天に5対0で勝って、今週は2勝4敗。楽天とまた同率首位となった。

車検と引っ越し祝いの出費2020/08/07

 今年8月が自家用車(1800cc)の車検月であったので、一昨日、いつも依頼している工場に車を持って行った。
 そして、昨日、見積もりについての説明があった。車検をパスするためには、必要でない部品交換などもあったが、今後の安全運転のため、すべて見積もりどおり、お願いした。
 前輪、後輪のすべてにひび割れがみられるとのことであったが、今回はこの4本のタイヤ交換は先延ばしにするとしていた。
 それから、数時間後、連れ合いにタイヤの件を話したら、交換したほうがいいといってくれた。
 すぐさま、その旨を車検工場に連絡して、交換してもらうことになった。
 かなり手痛い出費になる。  
 福岡市内に住む娘家族が、新築の持家にすでに引っ越しをしており、そのお祝いを予定している。
 今月15ー16日に、その家族が4人、我が家に来ることになっている。
 妙なもので、時々このような類の出費が重なる。
 仕方あるまい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ソフトバンクは、楽天に今日は負けた。楽天と同率首位となった。

1964年の出版本2020/07/14

 家の本棚を整理していたら、懐かしい本が出てきた。  
 大内兵衛著 「マルクス・エンゲルス小伝」(岩波新書 543 1964年12月21日 第1刷発行 ¥150)である。 4年生だった私は、この本を買っていたのだ。  
 当時、岩波文庫の★1個は¥50であった。  
 そういえば、私の書架には。買っても読んでいない本が多く並んでいる。  
 これらの本を購入した時には、関心があったに違いない。  
 途中で読むのを止めた本もある。  
 さて、冒頭の本は、はしがきに「1964年11月末」とある。  
 1964年には、学内には、まだ、 三池・安保闘争の余韻や、大学管理法反対闘争のくすぶりがあったし、ゼミでは「労働問題」の学習をしていた。  
 1964年は、56年前である。  
 光陰矢の如し。   
 今朝の「お悔み欄」で、職場の先輩の葬儀を知った。昨日は、購読紙が休刊であったから、通夜は知らなかった。  
 午前10時頃、斎場に行き弔問を済ませて、家に帰った。

昨日の話題2020/07/12

 昨日、久しぶりの食事会に参加した。  
話題が、安倍首相(自民党総裁)の「責任の取り方」であった。  
 彼の責任の取り方は、「責任をとる」との発言が、「責任を果たす」ということであって、そこに居合わせた7人の一致した見方だった。  
彼は、彼が任命した国務大臣が任期中途でやめたときは、常に「責任を痛感している」との発言のみで、これまで総理の椅子に居座っている。  
 森友・加計、さくらを見る会、黒川前検事長などの問題についても職責を果たすことが「責任」をとることでった。  
 つまり、何事もないのである。  
 マスメディアも、このような重大な無責任な安倍首相の言動に批判の目を向けない。
 マイケル・ムーア作品の「華氏119」のような、単刀直入な政権批判は、我が国では無理のようだ。

3日坊主が始まる2020/06/10

 またまた。3日坊主が始まった。
 自分でも今始めたことが長続きしないことは、これまでの私の人生からして、よくわかる。
 それが、私の人生だろう。 少しやるせないが。
 机上の作業である。あるソフトを使って、真似事で映像を作成し始めた。
 英語のYoutube を見ながらである。このYoutubeの時間は45分程度なので、この真似事がいつ完成するのか見当がつかない。
 結構な時間を費やしての真似事の作業である。
 私のモニター画面は26インチでそんなに小さいほうではないが、文字が判然としない場合がある。
 フォントにAstrolabが必要だった。このYoutubeの作者が使用している。幸いダウンロードができたので良かった。
 いま、5分程度の進捗である。3日坊主が心配。
 この作業が、無事終わったら、この出所を明確にして、真似事の作品であることを明示して、公表してみたい。

アベノマスク 今日着く2020/06/05

 不評をかこつアベノマスクが、今日我が家に来た。
 現在、政府は今後の感染拡大防止のためといって、当初5月半ばの配布完了を6月中旬に変更。
 いろいろな言い訳をして、アベノマスクの正当化を図ろうとする。素直でないのが、いかにも安倍政権らしい。

一日の過ごし方2020/06/03

 Youtubeを見ては、涙を流し、人との会話が少なくなって、時々グラウンドゴルフに興じる。ただ、スコアは全くもって心外。
 パソコンやスマホで、ナンプレ(数独)で時間をつぶす。パソコンでは、映像編集の学習を行っている。
 これもまた、Youtubeの進行に合わせて、ノートをとりながらの学習なので、遅々として進まない。
 今朝の地元紙に、近所の6年生の名前が載っていた。今朝あったときに、「新聞を見たよ」と伝えたら、嬉しそうに「はい」と言った。
 映像編集の作業は、飽きっぽい私には不向きかも!
 youtubeからダウンロードしたものをブルーレイに書き込んで、テレビ画面で観る作業もまもなく終わる。
 今回は、前回の西部劇映画ではなく、歌謡曲篇である。