政治とは?2021/11/25

 来年7月には参議院議員選挙が行われる。
 私は、政治には深入りしていないので、政治にくちばしをはさむのは気が咎める。
 とはいえ、今日本の多くの国民が困惑し、不安感を持っている課題ぐらいは私にも理解できる。
 思いつくままに、それらを列挙してみる。
 国際的には、気候変動、日中関係、パンデミック、国内的には、憲法問題、非正規者支援、食糧危機、ジェンダーなどがすぐに思いつく。
 今年10月31日の衆議院選挙から学んだことは、立憲民主党は、連合に毅然とした態度をとりえない弱さであった。枝野前代表が志位和夫共産党委員長との共同写真を拒んだのは、その象徴である。
 日本の働く人々は約6000万人、連合組織人員は約700万人である。 つまり、働く人の約1割が、選挙において国の行方を左右する事態(立憲と共産党などの連携拒否)となっている。
 連合の会長が変わり、ますます自公政権を助ける団体となっている。
 私が以前所属していた自治労や日教組は、このような連合に見切りをつけて、独自の労働運動を展開すべきではないか。
 連合が、非正規労働者の立場に立って何も運動を展開しないし、大企業の内部留保金484兆円にも目を向けない。連合の本質は、はっきりしている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://katsusan.asablo.jp/blog/2021/11/25/9443061/tb